神前式を、挙げよう!神社が用意してくれるさまざまなプランについて

タブレットを見ている男女
竹やぶにいる和装の男女

シンプルな神前式プラン

東京の神社が提供するシンプルでスタンダードな神前式プラン。そこでは白無垢、紋付き袴という衣装、神主さんに巫女さん、雅楽の演奏隊といった人たちによる「式次第」が行われます。

紅葉

神前式を選ぶ人たち

神前式を東京都内で挙げたいならオススメがこちら。プランも様々で一週間前まで予約できます。

時代とともにさまざまな儀式や催し物のスタイルは変化していきます。
ある時代にはトレンドの最前線にあったものが、次の時代には最前線ではなくなってしまったり、あるいは昔はやったものが再びはやったり……ウェディングの世界では今、はるか昔に「下火になった」と思われていたスタイルが、ふたたびトレンド上位に躍り出ています。東京でも、ここで取り上げる昔ながらのスタイルで夫婦が永遠の誓いをたてるケースが増えています。そのケース、そのスタイルとは、「神前式」というものです。

神前式は、昔ながらの和風のウェディング。神社で行われるもので、東京でも大安吉日には多くの神社で神前式が行われている様子を目にすることができます。純和風の白無垢姿の花嫁や、凛々しさ3割増しの紋付き袴姿の新郎……などの姿を、東京では目にすることができるでしょう。神主さんや巫女さん、雅楽の楽器を持った人たちの姿がいれば、まさしくコスプレではなくガチの神前式!ということがわかるはずです。
東京の神社で神前式が行われるとき、雅楽が演奏され、神主さんがノリトを読み上げ、白無垢と紋付き袴に身を包んだ新郎新婦が三々九度で盃をかわして永遠の結びつきを確かめます。

確かに一時期、ウェディングといえば教会で鐘が鳴り響いてライスシャワーが降って指輪が交換されてキスをして……というスタイルが流行の最前線で、少し前まで東京で結婚式をやっているといわれて振り向けばそこは必ず教会でした。しかし今、結構な頻度で、振り向けばそこにあるのは神社だったりするのです。「古いけど、逆に今なら新しいよね」ということで、東京でもあえて神前式を選ぶ人たちが増えているのです。

手を取り合う男女

会食付きプランもあり

一口に東京の神社といってもさまざまで、小さな祠(ほこら)しかないようなところもあれば、神前式の場となる本殿や会食用のレストランまで敷地内に備えている広い神社もあります。そこでは会食付きの式を挙げられます。

鳥居

フォトプランもあり

「一生モノ」の写真を残しておきたい!そんなカップルのためにフォトプランを用意しているという神社も東京にはあります。神前式の前に、あるいは当日に写真撮影が可能です。

抱きついている男女

「神前式を、挙げよう!神社が用意してくれるさまざまなプランについて」の記事一覧です。